産後のお腹 産後の体重

産後はむくみで体重が増えて減らないのはなぜ?痩せ始める時期はいつ?

産後に悩みが絶えない体重のこと。妊娠中にどんどん増えた体重は、出産直後には数キロ減ります。

しかし、むくみが原因によりそこまで体重は落ちないのです。

 

特に産後は、妊娠中のホルモンバランスの影響もあり、下半身がむくみやすくなるので気になる産後ママは多いはず。

出産後は食事とサプリから良質な栄養をとり、いかにホルモンバランスを整えるかが、痩せやすい体の状態をつくり、体重をスムーズに落とす方法とも言えます。

 

出産後のむくみは、何もしなくてもある程度はとれますが、何もしないよりはした方が、産後の体型戻しがスムーズに成功しやすくなり、体重も減りやすくなります。

この記事では、産後に体重が増えて減らない理由や、痩せ始める時期、産後の体重のことやむくみ、出産後の体重の減らし方をお伝えしていきますね。

⇒⇒⇒ 産後お腹の引き締め&体型戻しを成功させる秘訣!

産後に体重が増えて減らない理由

妊娠中から産後にかけて増える体重。妊娠中に体重が増える原因となるのは下記の6つ。

・お腹の赤ちゃん      約3キロ
・胎盤           約700グラム
・羊水           約800グラム
・大きく膨らむ子宮     約1キロ
・乳腺の発達        約1キロ
・血液量と皮下脂肪の増加  約3キロ~5キロ

 

これら6つが、妊娠中に体重が増える原因となることを知っていましたか?

妊娠中に増える体重は約10キロほど。中でも、血液量と皮下脂肪の2つは、最も増えるものなので、妊娠中の食生活や意識がとても重要になるのです!

 

そして、妊娠中に脂肪をつけすぎないようにすることで、産後の体重の増え方が変わるということも分かるかとおもいます。

出産後はお腹の中の赤ちゃんもいなくなり、胎盤や羊水も体の外へ出されるので、体重は約3キロから5キロほど減少。しかし、産後はむくみが原因で体重がなかなか減らないのです。

産後のむくみ2つの原因

産後のむくみの大きな原因はこの2つ!

・出産時に大量の血液が体から出ていったことで、体に水分をため込もうとする
・授乳により体内から水分が出ていくので、体は水分をため込む

 

どちらも体内から水分が出ていくことで、水分をため込もうとして、体重が増えていることが分かりますよね?

産後は特に、ホルモンバランスが大きく崩れているので、水分をためこみやすい状態に

 

他にも塩分のとりすぎや、体内のミネラルバランスが崩れていることも考えられます!

ファーストフードやジャンクフード中心の食事だと塩分が多く、カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛といった栄養素の不足もむくみの原因になるのです。

 

あと、肉体的にも精神的にもストレスがかかっていると、ストレスホルモンの影響でむくみやすくなることも覚えておきましょう。

産後に赤ちゃんに母乳をするかしないかも、出産後の体重やむくみに関係します。

 

授乳をすることで、オキシトシンという女性ホルモンが分泌され、妊娠中から崩れているホルモンバランスが整うと共に、体内のバランスも整うのです。

疲れやストレスがたまっていると、体内バランスを崩しやすいので、そういったところにも影響することを覚えておきましょう!

授乳により、ぽっこりお腹の原因となっている大きくふくらんだ子宮は収縮しやすいので、体型戻しにもつながります。

出産直後に体重は減らない

妊娠中に大きく変化した体により、出産で赤ちゃんや胎盤が出たことにより体重が減ったとしても、すぐには体重は減りません。

出産後はどれだけ体を回復させるか、状態を整えるかが重要なのです。

 

なので、出産直後にすぐに体重が戻らないとおもって心配になることも、不安になることもないのですよ

出産によりダメージを受けた体を、いかに回復させることができるかが、体重を徐々に落とすことにつながります。

出産直後の体重はいつ戻る?

出産直後の体重が戻るか戻らないかは本当に自分次第です。いかに食事や睡眠を意識して、体を回復させることに対してケアできるかによって大きな差がでます。

しかし、出産直後にちゃんとケアできなかったからといって、いつまでも体重が戻らないわけではないので、今から体の状態を整えるためにできることをすることが大切です。

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

産後に体重が減る時期は?痩せ始める時期はいつ?

産後に体重が減り始めるのは、産後1ヶ月~2ヶ月頃がピークの人がほとんど。

悪露が終わり、大きく膨らんだ子宮が収縮することで体重も減り、皮下脂肪が落ちると更に、体重の減少が期待できます。

 

しかし、ホルモンバランスの状態によって、皮下脂肪が落ちずらくなったりするので、体重に大きく影響することも忘れずに!

いかにホルモンバランスを崩さずに整えることができるかが、スムーズに痩せ始めるスタートとなるのです。 

産後2ヶ月の体重はどのくらい?

産後2ヶ月頃の体重は、人によって個人差がありますが、ほとんどの人が妊娠前に近い体重に戻すことができています。

しかし、産後にストレスなどでホルモンバランスが崩れていたり、食べ過ぎて体に負担をかけている人は、なかなか体重は落ちてはくれません。

産後2ヶ月のときの体重が、産後の体型戻しをスムーズにできているか、できていないかの基準にもなるので、産後2ヶ月のときに、自分はどれだけ体重が落ちているかを確認するようにしましょう!

産後のむくみを解消しての体重の落とし方

産後に体重が減らない原因となる、むくみを解消することで体重は減りやすくなります。

そして、むくみを落として体重を減らすには、ホルモンバランスの他、体のバランスを整えなければならないので、とても大切なことだということをしっかり分かっておくことが重要。

これから産後のむくみを解消する方法をお伝えしていきますね。

 

水分をとり体内の循環を良くする

水分不足は最もむくみの原因となること。特に産後はホルモンバランスの影響で肌も乾燥しやすくなり、授乳により大量の水分が体から出ていくため、かなりの水分を摂取しなければなりません。

最低でも1日に2リットル以上はとりたいところ。汗をかいたり、呼吸やトイレなどで体内から出ていく水分は約2リットル。

 

そこに授乳が加わると、2リットルは絶対に必要だということが分かるかとおもいます。

水分をとることは、産後にバランスが崩れている体を整えるためにおいて肝心なこと!

 

睡眠時に発汗作用で体内から水分が多く出ていくので、起きたときに理想は500ミリリットル、初めはコップ1杯から水分をとるようにしましょう。

朝の水分補給は1日の始まりを決める大事な時間でもあるので、出産後から水分摂取を忘れずに心がけること!

 

常に深呼吸を意識して代謝を高める

出産のときにお腹に力を入れて全身の筋肉を緊張させた影響で、産後は呼吸が浅くなりやすくなります。

「出産後はゆったりとした深い呼吸ができていますか?」、できていなければ今この瞬間から深い呼吸を心がけましょう!

 

深呼吸により体内に酸素を送ることで代謝が上がります。痩せて体重を落とすためには代謝を上げることが何より重要ですよね?

酸素を体に取り込むことで、妊娠中に低下した筋力を戻すことにもつながるということも覚えておきましょう。

そして、むくみの原因となっている体内の血液と水分バランスを整えるためにも、ゆったりとした深呼吸は欠かせないのです!

 

体を動かして血流を良くする

体や筋肉を動かすことで全身の血流が良くなり、出産時から崩れた体内のバランスを整えることができ、むくみの改善につながります。

ストレッチで筋肉を動かすことはとても有効な手段!ただ、筋肉を伸ばすだけでなく、筋肉の収縮(伸び縮み)を意識してストレッチをすることで効果も変わってくるのです。

 

ストレッチを行うときも、呼吸を意識して筋肉に酸素を行き渡らせるようにしましょう。

産後に最もいい運動はウォーキング。歩くことで日常生活に必要な腹筋や背筋、足の筋肉が鍛えられるので、どんなトレーニングをするよりも歩くことが大事!

 

歩くスピードを変えたり、歩幅を変えたりと、リズムや体の動きを変えるだけでも、かなりの効果的なトレーニングになるので実践してみてくださいね。

体を動かすことは血流を良くし、体重を減らすために欠かせないことの一つ。

 

足を高く上げて血流を良くする

産後は下半身がむくみやすくなります。下半身のむくみは、足を枕や台の上に起き足を高く上げることで血流の流れが良くなり改善されるのです。

むくみは血液がとどこおることでも起こることを覚えておきましょう!長時間に渡り足を上げ続けるのではなく、約3分ぐらい短い時間で足を上げるようにしてくださいね。

 

お風呂に温もってふくらはぎをマッサージする

お風呂に温もることで体の芯が温まり、全身の血流が良くなります。血流が良くなったところで、むくみの原因になっているふくらはぎを優しくもんでマッサージをすることで、筋肉がほぐれ柔らかくなり血流が良くなるのです。

ふくらはぎは第二の心臓といわれ、上半身に血流を送るポンプの役割りを持つので、固くない柔らかい状態にすることが大事!

 

バランスのいい食事をとる

むくみの原因の一つとなる産後の栄養不足。特にカリウムはほうれん草に多く含まれ、マグネシウムや亜鉛なども野菜に含まれているため、栄養素を考えながら食事をとることが大切なこと。

そして何よりも塩分をとりすぎないようにすることが大切!塩分は体内の水分をためこもうとするので、塩分を控えることで体内の水分がなくなり、その結果むくみが解消されやすくなります。

 

塩分が多いジャンクフードや加工食品などの食事はできるだけ避けるようにし、野菜やお肉など栄養価が高い食事を心がけること。

バランスのいい食事はむくみの解消だけでなく、たるんだお腹や産後の体型を戻すことにおいても必要なことなので、産後のこの機会に食事を考えながらとるようにしましょう!

⇒⇒⇒ 産後の骨盤ケアが体型戻し&お腹引き締めの大きな決め手!使うべきアイテムはこれだ!

まとめ

産後に体がむくむのは、出産時に大量の血液が体から出ていくことや、授乳により体内から水分が多く出ていくことにあります。

これは一般的なむくみとは違い、産後特有のむくみなのでしっかりとケアをすることが大事!

 

そして、体のバランスを整えるために、十分に体を休め、水分をとることや、血流を良くするために行うストレッチやケアをどれだけ実践するかによって、産後のむくみの改善や、体重が減るスピードが変わります。

産後にむくむ原因となるものをしっかり理解しケアをすれば、むくみはスムーズに解消されます。できることを一つでも意識をして心がけて行うようにしましょう!

    -産後のお腹, 産後の体重

    © 2021 「産後」 悩み解決.com Powered by AFFINGER5