(出)産後のお腹・体型基礎知識

産後にでべそになる3つの原因!腹直筋離開には要注意

妊娠中、出産後にでべそになってしまう産後ママは少なくありません。

知り合いやお友達に、「でべそになったんだけど・・・」と相談するのも恥ずかしいもの。

 

私も出産後にでべそになったので、なぜでべそになるのかを徹底的に自分で調べました!

そこで知ったのが、出産後は約9割以上の人がでべそになるということ。

 

そのとき、みんなでべそになるものなんだと知って、安心したのを思い出します。

とはいっても、「このでべそは早く解決したい!」とおもうのが本音!!

 

任せてください、この記事では出産後のでべその解決方法をしっかりお伝えしているので、ちゃんと正しいケアをすれば大丈夫です。

一般的に産後のでべそは自然に戻りことが多いのですが、腹直筋離開という症状が起こっていると、でべそが戻らない可能性が高くなってしまうので要注意!

でべそになる3つの原因と、解決するために気を付けること、解決方法を一つひとつ見ていきましょう。

産後にでべそになる3つの原因

妊娠中にお腹が圧迫される影響

妊娠中は、お腹の赤ちゃんが大きくなると共に、子宮も大きく膨らみます。

子宮が大きく膨らむことでお腹が圧迫され、おへその下にある臍輪(さいりん)が、体内の脂肪や臓器を抑えきれずに押し出された結果、でべそとなってしまうのです。

出産後はお腹への圧迫はなくなりますが、でべそがそのまま残る形になることに。

 

妊娠中の体重の増え過ぎ

妊娠中は、お腹の赤ちゃんや子宮が大きくなるのはみんな同じですが、食べ過ぎによってお腹が大きくなりすぎると、先ほどお伝えしたお腹への圧迫が大きくなるため、でべそになりやすくなってしまいます

しかし、妊娠中は運動不足が重なるため、どうしても体重が増えやすく、太りやすくなってしまうのは事実。

 

出産後にでべそになりにくい人は、妊娠中から体重が増え過ぎないように意識したり、伸びるお腹の皮ふが乾燥しないように、保湿クリームをぬったり、水分をしっかりとるなどのケアをしっかりした人なのです。

妊娠中にそういったケアや予防を徹底してできる人はそういないので、ほとんどの人がでべそになってしまうのもうなづけますね!

 

お腹の筋肉がさける腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)による影響

腹直筋離開とは、お腹の一番表面にある腹直筋という筋肉が、妊娠中に子宮やお腹が大きく膨らむことで、筋繊維が耐え切れずにさけてしまうことを言います。

イメージがつきにくいと思うので、この画像のような状態⇩

 

腹直筋はおへその横にくっついている状態なので、腹直筋離開になるとでべそになりやすいのです。

自分が腹直筋になっているかを確認する方法がこちら⇩

 

・膝を立てた状態であおむけに寝る
・おへそをのぞきこむように頭を持ち上げる
・その状態のままお腹の真ん中をさわる

 
そのときにへこみがあったら腹直筋離開になっているので、自分で確認してみましょう!
 
 
腹直筋離開になっている人は、こんな症状を感じているので参考に
 
 

・お腹に力が入らない
・お腹が動く
・お腹に亀裂がある
・内臓が支えられていない感じがする

腹直筋離開はいつ治る?

産後のでべその大きな原因となっている腹直筋離開ですが、一体いつになったら治るのかが気になるところ。

2ヶ月、3ヵ月もたつと子宮は小さくなり、ぽっこりお腹もへこんでいくころですが・・・

 

※2ヶ月、3ヵ月たってもぽっこりお腹がおさまらない場合は、食べ過ぎと開いた骨盤に注意

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

 

もし、半年~1年以上がたったにも関わらず、ぽっこりお腹が気になるときは、有無を言わさず開いた骨盤を産後ベルトとショーツで締めて、エクササイズあるのみ!!

エクササイズといっても、腹直筋離開が治っていない状態での腹筋運動は絶対にNG

 

その理由はもちろん分かりますよね?

腹筋が正しい位置に戻っていない状態での腹筋運動は、腹直筋離開を悪化させるばかりか、ちゃんと治らないことにもつながるので、くれぐれも気を付けましょう。

 

「産後のでべそを治すには腹筋!」と言われていたりしますが、間違ったやり方なので決して実践しないように。

腹直筋離開もでべそも、正しいケアをすることで早く治るということを忘れずに!

 

出産後の「でべそ」を改善する5つ方法

骨盤ベルトで開いた骨盤を締めて、腹圧を高める

産後の体型を早く、綺麗に戻すには、出産によって開いた骨盤を締めて、元に戻すことが最優先だということは知っていますよね?

骨盤が開いたままの状態だと、産後の体型だけでなく、でべそも腹直筋離開もでべそも治りずらくなることを覚えておきましょう。

 

出産後の骨盤は開くだけでなく、ゆがんで傾くので、3方向に対応した骨盤ベルトが効果を発揮します!

産後ショーツでの骨盤の締め付けも、開いた骨盤ケアにはおすすめ。大人気の骨盤ケアアイテムはこちら⇒⇒⇒ 産後の骨盤ケアが体型戻し&お腹引き締めの大きな決め手!使うべきアイテムはこれだ!

 

伸びたお腹の皮を保湿する

産後にでべそが目立つ原因となる、たるんで伸びたお腹の皮。

この伸びきったお腹の皮を縮めない限り、お腹の皮もたるんだままで、でべそも改善しません。

 

なので、産後はお腹の皮を縮めるためにしっかり保湿をすること!

保湿をすることで肌の代謝が上がるのでスムーズに皮ふが縮み、元に戻りやすくなります。

 

妊娠中から崩れた女性ホルモンの影響で、お腹の皮ふは乾燥しやすく、敏感な状態になっているので保湿クリームをぬることがお腹の皮ふに有効です!

保湿クリームは1日に1回ぬるのではなく、こまめにぬることも大事。薄くぬるのではなくたっぷりとぬるようにし、優しくマッサージするようにぬりこむことがポイント。

マッサージをすることでも肌の代謝を上げることができるので覚えておきましょう。水分をたっぷりとり、体の内側からの保湿も忘れないでくださいね!

 ➡➡➡ でべそを早く解消するために効果抜群の保湿クリーム2選!!

 

十分な睡眠と栄養をとる

産後にでべそになるのは、妊娠中からの体の変化によるもの。その中で、でべそになる原因の一つとして腹直筋離開がありましたよね?

腹直筋離開の原因も、妊娠による女性ホルモンの影響なので、産後は十分な睡眠と栄養で体を休ませて、ホルモンバランスを整えることが大事なのです!

 

ホルモンバランスを整えることで、腹直筋離開の原因となっている白線(腱)のゆるみが改善でき、でべそもへこみも元に戻るようになります。

出産後はゆっくり睡眠をとることが難しいとおもうので、寝る前は食事をしないなど睡眠の質を高める意識を持つようにしましょう!

 

子宮を収縮させる

お腹の皮を伸ばしている子宮を元の状態に戻すことを、産後のでべそを改善する上においては忘れてはいけません。

子宮を収縮させるには、先ほどと同じ、ホルモンバランスを整える必要があります!

そして、子宮は授乳を行うことで、オキシトシンをいう女性ホルモンが分泌され、ホルモンバランスが元の状態に戻りやすいので、できる限り授乳は行うようにすること。

 

腹圧を高めるお腹へこましトレーニング

出産後に腹圧が弱いために現れる「でべそ」。この腹圧を元の状態に戻すように鍛えなければ、でべそを改善することは難しいのです。

そこで有効なトレーニングは、どこでもできるお腹へこましトレーニング!

立った状態でもできますが、仰向けで寝た状態の方が力も抜けリラックスできるので、初めは仰向けで行うことがポイント。

 

【お腹へこましトレーニングのやり方】

 ① 体の中の息をゆっくりと全部吐ききる
 ② お腹とおへそをへこませる意識を持ち、ゆっくりと鼻から息を吸い込む
 ③ そのままお腹とおへそはへこませたまま、ゆっくりと口から息を吐く
 ④ もう一度同じようにお腹とおへそを引っ込めながら大きく息を吸う
 ⑤ 息は吐かずにお腹の上に手を置き、その手を思いっきり3秒から5秒押し返す
 ⑥ お腹をへこませながらゆっくりと息を吐く

 

これを3セット~5セット行うと、お腹が熱くなってくるはず。

筋肉がしっかり動いて、代謝が高まっているサインなので、産後のでべそを改善させるだけではなく、ぽっこりお腹やたるんだお腹、出産後の体型戻しにおいて、とても効果的なトレーニングなので実践しましょう!

このトレーニングさえしっかりすれば、産後のでべそは必ず改善します。

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

まとめ

産後にでべそになるのは、妊娠中からの体の変化が原因なので、妊娠前の状態に体を戻すこと以外に、産後のでべそを改善する方法はありません!

あるとすれば、お腹の皮ふを切除するなどの手術ぐらいです。

 

しかし、でべその原因となっている腹圧が弱いままだと、出産後に崩れた体型は元に戻りにくいということは分かりますよね?

腹圧を鍛えるために、お腹を動かしたり、トレーニングをすることもなかなか難しいので、骨盤ベルトで腹圧を戻すサポートをしてくださいね!

 

産後ショーツも腹圧を高めて、おしりとお腹周りを引き締めることにつながるので、できる腹圧ケア・骨盤ケアは絶対必須ですよ!

産後から3ヶ月がたち、体調が戻ってきたら、産後ガードルを使うこともおすすめです。

 

私も今まで一通り骨盤ケアグッズは使ってきましたが、どれも体型戻しをスムーズにできるものでした。

やっぱり産後の体のことを考えて作られているものは違うという一言です。

 

産後は、妊娠前の状態に戻すようにいかに努力をするかが大切なこと!そのためには、出産後のでべそを改善する5つの方法を実践すれば絶対に大丈夫です。

産後はホルモンバランスの影響でストレスがたまりやすく、食べ過ぎてしまう環境にあるので、食べ過ぎないようにすることも大事なことですよね!

 

食べ過ぎないようにするには、しっかりと栄養をとって体の状態を整えておくこと。

睡眠をしっかりとっていることで自律神経が整い、精神的に安定するので食べ過ぎを防ぐことにもなります。

産後に現れたでべそを機に、でべそだけではなく産後の体型戻しも成功させましょう!

    -(出)産後のお腹・体型基礎知識

    © 2021 産後の体型戻しの秘訣 Powered by AFFINGER5