出産後の体(カラダ)の悩み 産後の腰痛

産後の腰痛はこの“4つの対策”で解消!原因を知ればもう腰つらくない

  1. HOME >
  2. 出産後の体(カラダ)の悩み >

産後の腰痛はこの“4つの対策”で解消!原因を知ればもう腰つらくない

出産後に突然やってくる腰痛…

子どもを産んでホッとしたときに、この腰のつらさをどうにかしたいですよね?

 

産後の腰痛は放っておいてしまうとどんどん悪化していくので、一日でも早いケアと対策をする必要があります。

そして、この腰痛がストレスになり、妊娠中から崩れているホルモンバランスが戻らないという最悪の結果につながることに。

 

なぜ産後は腰痛になってしまうのか?

どうしたら腰痛を解消できるのか?

 

この2つを分かりやすく簡単にお伝えしていきますね!

⇒【2021年版】産後ママたちに大人気の『最強』アイテム特集

産後に腰痛になる“3つ”の原因と理由

産後に腰痛になる3つの原因

妊娠中からの筋力の低下

開いた骨盤による影響

水分不足による影響

 

妊娠中からの筋力不足

妊娠中からの運動不足により筋力はどんどん低下。

赤ちゃんがお腹の中にいることでカラダをひねる動きが少なくなるため、お腹周りの筋肉(腹筋)がかなり弱くなります。

お腹周りの筋肉や腹筋は姿勢を維持したり、カラダ支える働きを持つので、カラダの軸となる筋肉が弱くなると腰に大きく負担がかかり腰痛となるのです。

 

開いた骨盤による影響

妊娠中から女性ホルモンによる影響で、出産がスムーズにいくように産道と骨盤は広がっていくのですが、カラダの土台となる骨盤が開くことでお腹(腹筋)に力が入りづらくなります。

先ほどお伝えしたように、腹筋などのお腹周りの筋肉が弱くなると腰に負担がかかるため腰痛につながる結果に。

骨盤はカラダの土台と言える重要な部分なので、骨盤が不安定な状態では体のバランスも悪くなり、その分負担がかかってしまうのです。

 

水分不足による影響

あまり知られていないことですが体内が水分不足になると筋肉がかたくなり、カラダに負担がかかりやすくなります。

特に腰は“カラダのかなめ”となる部分なので一番影響を受けやすいのです。

 

そして産後は授乳と出産による体のダメージの回復によってカラダは水分不足になるため、腰痛が起こりやすい状態になってしまうのですよ。

※体の半分以上が水分でできているので、腰痛だけでなく産後の体型戻しに悪影響を与えるとともに、精神的なストレスやメンタル面にも影響を与えてしまうので要注意

⇒【産後アドバイザー直伝】産後のホルモンバランスを整える方法4選

腰痛を解消する“4つ”の方法


産後の腰痛を解消するには「これだけやればいい!」というものはなく、原因がいくつもあるので一つひとつを意識して改善していく必要があります。

少しでもラクになりたいから整骨院に行く産後ママもいますが、その時だけの改善であり根本的な改善にはならないのということを覚えておきましょう!

産後の腰痛は大きなストレスとなるので産後の体型戻しはもちろん、黒ずみ、抜け毛にも大きく影響を与えてしまうので徹底的に改善することが超大切。

 

骨盤ベルトでお腹(腹筋)に力が入るカラダの状態にする

出産後はお腹周り、腹筋の筋力を戻すことがとても重要になります。

しかし、筋力はすぐにつくものではないので、筋力がつくまでのサポート的なアイテムが必要不可欠!

 

なので産婦人科から骨盤ベルトが渡されるわけですが、ただ横から骨盤を締め付けるだけでは産後の骨盤には不十分。

産後の骨盤は想像以上にゆるんでグラグラの状態なので、あらゆる角度からのサポートが必要になります。

 

出産後の骨盤のことを考えられた骨盤ベルトを使うことが、産後の腰痛だけでなく、体型戻しにもつながるので使わない手はありません。

※骨盤ベルトを巻くことでカラダの軸となる腹圧を高めることができるので、姿勢が安定して腰への負担がなくなることも忘れずに

水分をたっぷりとる意識と習慣をつける

産後の腰痛を解消するには水分摂取は超大切!

水分をとることで全身の筋肉が柔らかくなり、腰・カラダへの負担が減るのです。

 

さらに筋肉が柔らかくなることで血流も良くなるので、カラダの回復が早くなって状態も良くなるので良いことづくしなのですよ!

産後でないときは最低でも2,5ℓの水分は必要で、産後なら2,5ℓ~3ℓも水分をとればカラダの状態は理想と言えるでしょう。

 

一日の食事によって約1ℓの水分がとれるので、残り1ℓ~1,5ℓを目標に飲むこと。

※水分をとるときはごくごく一気には飲まず、口に含んでちびちび飲む習慣をつけること。体内に水分が吸収されなければ意味がないので要注意。

 

保湿クリームでお腹をマッサージする

腰痛、腰に負担がかかっているときは、カラダの前側の腹筋が固まっていることがほとんど。

なので、産後のお腹の肌ケアもかねて保湿クリームでマッサージすることがおすすめ!

 

お腹をマッサージすることで内臓が活性化され、全身の血流が良くなります。

※産後の肌は乾燥しやすいので、朝・昼・夜となるべくケアの回数を増やすことが理想

お腹ふくらまし運動

産後の腹筋、お腹周りの筋力を戻して鍛えるにはお腹のふくらまし運動で十分です!

立ったままでも、イスに座ったままでも、寝たままでも簡単にできるのでおすすめの方法。

 

お腹ふくらまし運動のやり方

大きく息を吸ったり吐いたりしながらお腹をへこめていきます

息を吐きながらお腹を思いきりふくらまします

ふくませしながら大きく深呼吸を6秒

※ほとんどの人がお腹のふくらましが不十分なので、お腹の上に手の平を置いて、その手のひらにおへそを当てにいく意識を持つこと

 

それを何回か繰り返すとお腹が熱くなってくるはず。

お腹を動かすと血流も良くなり、モヤモヤした気分もスッキリするでしょう!

 

産後の腰痛には3つの原因がちゃんとあるので、これらの対策で腰のつらさからさよならしましょう!

腰痛は最後には大敵なので、一日でも早き改善を心がけるようにしてくださいね!

⇒【2021年版】産後ママたちに大人気の『最強』アイテム特集

    -出産後の体(カラダ)の悩み, 産後の腰痛

    © 2021 「産後」 悩み解決.com Powered by AFFINGER5