産後のお腹 産後の体重

産後痩せないことがストレス!出産後は骨盤矯正で体型戻し!絶対に痩せる方法の秘訣

「あなたも出産後に痩せないことがストレスですか?」私もそうでした。そして誰もが同じように出産後に痩せないストレスを抱えます。

産後は何もしなくても自然に痩せるとか、授乳をしていれば痩せるといった声をよく聞きます。

 

しかし、出産により大きく変化した体をしっかりケアをして元の状態に戻してあげない限りは痩せることはありません。

産後はホルモンバランスが崩れている影響で自律神経が乱れ、精神的に不安定な状態になるためストレスがたまりやすい状態にあるということも覚えておきましょう!

 

なので、食べ過ぎてしまうことは仕方がないことなのです。

「そしたら何をすればいいの?」と思うわけですが、この記事では、産後に痩せない原因と産後に痩せることのできる方法をお伝えしています。

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

産後に痩せない原因は?痩せないことがストレスにもなる?

「産後に痩せないことがストレス!」しかし、産後に痩せないのもストレスが原因だということは知っていますか?

妊娠中から大きく変化する体の変化よりストレスがたまりやすくなります。

 

そもそも人はストレスなく健康的な生活を送っていると、自然に痩せてスリムな体型になるようにできています。

ストレスがゼロという人はまずいませんが(生きていくにはストレスも必要)、ストレスがかかりすぎると体に症状が現れるので、何らかの手段で解消する必要があるのです

それよりもまず、産後に痩せない原因となるものを見ていきましょう!

 

ホルモンバランスによる影響

妊娠中から大きく変化する女性ホルモンにより、ホルモンバランスが崩れることは誰もが知っていること。

そして、ホルモンバランスが乱れることで自律神経が乱れてしまうため、精神的に不安定な状態になりストレスを感じやすくなってしまいます。

 

産後はホルモンバランスだけでなく、慣れない育児や出産によりダメージを受けた体により、普段の日常生活とは比べものにならないようなストレスがかかるのです。

そして、体を休めたりとうまくストレスを解消する方法がとれればいいのですが、産後は赤ちゃんの夜泣きや赤ちゃんのリズムにより思うように体と頭を休めることができません。

そのため、ストレスが蓄積されネガティブな気持ちになりがちに。

 

食べ過ぎ

産後に痩せない一番の食べ過ぎてしまう理由として考えられるのは、先ほどお伝えしたストレスが一番の原因。

ストレスを解消するために運動や体を動かす人、食べることに走る人、趣味に走る人など人によってストレスの解消の仕方は違います。

 

中でも、ストレスを解消するために食べることに走る人はほとんど。

本来は体のため、赤ちゃんに与える母乳のために栄養をとることで食べるのですが、ストレスがかかりすぎていると必要以上に食べ過ぎてしまったり、お腹が空きやすくなるため間食が増えてしまったりと食欲が止まらなくなります。

 

体に栄養を補給するために食べているといいのですが、ストレス解消のために食べるのでは全く意味が違います。

自分自身で本当にお腹が空いているから食べているのか?むしゃくしゃするから食べているのかを、食事をする度に考えることも大事なこと。

 

ストレス解消のために食べてしまうと、体と脳はその行為に慣れてしまうので食べることでストレスを解消するようなります。

痩せないことがストレスなのにも関わらず、痩せれないのもストレスが原因だというこを覚えておきましょう!

 

筋肉量の減少による代謝の低下

妊娠中からの運動不足により筋肉量が減少し、代謝が下がることは分かりますよね?

代謝が下がるということは食べたものを燃焼する力が低下するので、痩せにくい状態になります。そして、食べ過ぎによって食事量(摂取カロリー)が増えていては当然痩せませんよね?

代謝が悪ければ体温も下がるので、血液循環も悪くなり筋肉もかたまってしまうため体型も戻りにくくなる結果につながります。

 

睡眠不足による影響

出産後はゆっくり体を休めるためにゆっくり寝ることが肝心ですが、赤ちゃんの夜泣きで夜はゆっくり眠ることができないもの。

だから仕方がないと寝ないことには体の状態も回復せず痩せません。痩せないどころかストレスが蓄積されていくことに。

 

体を十分に休めなければ疲れを翌日に持ち越す形になるので、肉体的にも精神的にも疲れる日々を過ごさなければならず、睡眠は体と頭をリセットさせるために必要なものだと自覚しなければなかなか睡眠の質も上げることはできません。

寝る前に食事をしたり、消化の良くない食べ物をたべてしまうと睡眠の質が落ちてしまうので、ストレスがたまり痩せる以前の問題になってしまうのです。


骨盤のゆがみからくるストレス

妊娠中から女性ホルモンの影響で骨盤周辺の筋肉と関節、じん帯がゆるむ影響で骨盤が広がり開くわけですが、出産後に骨盤を締めるケアをしなければ骨盤だけではなく体型にも影響を及ぼします。

骨盤が開いていることで内臓が下がってしまい、下腹が出たりお腹がぽっこりしてしまうことに。

そして、骨盤がゆがんでしまうと姿勢にも影響し、姿勢が悪ければ代謝も下がるといった悪循環がここでも生まれてしまう結果に。

産後は体脂肪が減らないのはどうして?

妊娠中に体脂肪がかなり増えてしまうことは知っていますよね?その理由は、女性ホルモンの影響にあります。

女性ホルモンの働きにより、お腹の中の赤ちゃんを外からの衝撃から守るため、母体が栄養不足になったときに、赤ちゃんに栄養を届けることができるように、お腹周りを中心に脂肪がつきます。

 

この妊娠中に、一時的についた脂肪が産後になかなか落ちないため、体脂肪も減らないということになるのです。

産後の場合は、崩れているホルモンバランスが整うことで妊娠中についた脂肪は落ちやすいので、体脂肪も下がってくるので問題ありませんよ!

⇒⇒⇒ 産後のぽっこりお腹を早く!綺麗に戻したい産後ママ必見!【120%成功する秘訣】

帝王切開だとスムーズに痩せない?

帝王切開だからといって痩せにくいであったり、スムーズに痩せないということはありません。ただ、切開による傷口を修復しないといけないことが増えるだけ。

なるべく早く傷口を修復しないことには、産後骨盤ベルトやガードルで締め付けることができないので、そこが唯一の難点です。

 

傷口は保護テープなのでできるだけ刺激が入らないようにすることが肝心。

帝王切開であっても、普通分娩の産後の体型戻しと変わることもないので、傷口に修復だけには気をつけることを心がけましょう!

産後は骨盤矯正をすると痩せる?

出産により開く骨盤を整えることで、痩せやすい状態になることは確かです。骨盤が整うことで、まず姿勢が整います。

姿勢が良くないと血流循環が悪くなるので、お腹周りを中心に痩せにくくなることに。

 

そして、内臓も下がった状態になるので、むくみやすくもなるということを覚えておきましょう。

産後にスムーズに痩せる人は、骨盤ベルトやガードルで、ゆがみやすい骨盤をしっかり固定し、元の体型に戻そうと努力した人がほとんど。

 

産後ガードルは、一般的なガードルとは違い、骨盤矯正の機能が備わっているので、骨盤を整えるにおいて有効なアイテムの一つ!

骨盤を元の状態に戻さずに、スムーズに痩せるということはないので、体の土台となる骨盤を産後に整えることが肝心なのですよ。

産後の痩せない・ストレスを解消する方法

産後の痩せない原因は5つもありましたね?どれか自分に当てはまるものはありましたでしょうか?原因となるものを解決すれば必ず痩せることにつながるので、少しの意識や心がけが大事になります。

産後の痩せないを解決し、ストレスをためないようにするための方法をお伝えしていきますね。

 

骨盤ベルトを巻いて骨盤を整える

産後に開いた骨盤を締めて元の状態に戻すことがどれだけ重要かが原因で分かったこととおもいます。

なので、骨盤ベルトで開いた骨盤を締めることが産後の体型を戻すこと、痩せることにつながるのです。

 

お腹を中心にベルトを巻いてしまうとお腹と内臓を圧迫してしてしまい血流を悪くしてしまうので、絶対に骨盤を中心に巻くようにしましょう。

骨盤ベルトを巻くことは骨盤だけを締めるだけではなく、お腹の腹圧を高めることにつながるので、姿勢の維持や体の負担を減らすことにもなります!

育児のときや外出時に歩くときは骨盤ベルトをつけるようにしてくださいね。産後におすすめの骨盤ベルトはこちら➡➡➡ 産後の骨盤ケアが体型戻し&お腹引き締めの大きな決め手!使うべきアイテムはこれだ!

 

ホルモンバランスを整える

まず痩せるには、産後の体を妊娠前の状態に戻さなければなりません。

そのためには十分な睡眠と栄養が必要になるのですが、この2つを整えるためには呼吸や1日にとる水分量も大切になるのです。

 

呼吸が浅く酸素量が少なければ血液循環も悪くなり、体の回復や痩せにくいことにつながります。

なので、育児のときや歩くときは常に深い呼吸を意識し、水分をこまめにとるようにしましょう!生きていく中で最も必要なこの2つを心がければ痩せやすくなるのも当然。

 

逆に痩せにくい人はこの2つが意識できていないので、ホルモンバランスと体の状態を整えることを忘れないこと。

ホルモンバランスを整えることで、女性ホルモンの影響で一時的についた脂肪を落としやすくできることを覚えておきましょう!

 

睡眠の質を高めること

先ほど睡眠が大事と伝えましたが、睡眠の質を高めることもとても大事なことの一つ。

寝る前の食事は控えることや、夜ご飯は胃の消化にいいものを食べることなどの工夫が肝心。

食べるときの意識としては、できるだけよく噛んで食べること。よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激され、満腹感を感じやすくなり食べ過ぎを防ぐことができます。

 

食事を意識する

産後は自分の体の回復のため、赤ちゃんの母乳のためにしっかり栄養をとることが大切ですが、食事内容と食事の仕方も大事なポイント。

筋力の回復のためにたんぱく質を中心とした食事をとることや、添加物や加工食品を避けることが産後の体型戻しや痩せるためにつながります。

 

産後の体に必要な栄養素や食事を自分で調べ、食事内容をいいものにしましょう。

痩せない人の特徴に、お腹が空いていないにも関わらず食べてしまう人が多いので、自分は今本当にお腹が空いているのかということを一度考えて食事をすることが肝心。

 

産後は思っている以上に体には栄養が必要になるので、食事からだけではなく、サプリからも栄養をとることも大切です。

葉酸やたんぱく質は意識してとるように心がけること!おすすめのサプリはこちら➡➡➡ 『産後お腹痩せサプリ3選』お腹のたるみを引き締めてぽっこりお腹を撃退せよ!

 

産後のストレスを解消するにはストレッチ

産後にストレッチはいいと言われますが、ストレッチは全身の血流を良くしてくれる他に、自律神経が整うので体はリラックスした状態になります。

リラックスした状態はストレスを軽減してくれるので、産後の体型戻しにはとても有効な手段の一つ。

食事前にイライラしたり、ストレスがたまっている状態だと食べ過ぎにつながるので、ストレッチにより体をゆるめて気持ちを落ち着かせてから食事をすることも、痩せるために必要なことであり、問題の食べ過ぎを防ぐことに。

 

母乳で痩せると過信

「母乳をしていれば痩せる!」と過信している産後ママは思うように痩せることができていないのは事実。

確かに母乳により約500キロカロリーのエネルギーが消費されるので痩せやすい状態とは言えます。

 

しかし、母乳をしているからといって食べ過ぎたり、体を動かさなくてもいいということではありません。

特に妊娠前や妊娠中に産後に向けて何も対策や予防をしてこなかったママはなおさら注意が必要!母乳はあくまで痩せやすい環境の一つだと考えておきましょう。

まとめ

産後になかなか痩せないのは、痩せない行動をしているほかないのです!痩せないからストレスがたまるのではなく、ストレスがたまることを自らしていることを知っておきましょう。

産後に痩せない原因が分かれば、後はそのことに対してのケアや方法を考えるだけですね。

 

出産後は痩せることよりも、まず妊娠前の体の状態に戻すためには何をすればいいのかをよく考えることが大切です。

私も産後はストレスがたまって辛かったことが多々あったので、原因をちゃんと知り、今自分にできることから始めることが大事なこと。

    -産後のお腹, 産後の体重

    © 2021 「産後」 悩み解決.com Powered by AFFINGER5