(出)産後のお腹・体型基礎知識

産後に早く痩せたい人が実践する産後ダイエット!『出産後の体型戻し』

妊娠中からみるみる増える体重と、大きく変わる体型。初めて妊娠を経験する人は、お腹の赤ちゃんが成長する喜びと、自分の体型が崩れていくので複雑な気持ちになりますよね。

出産後は妊娠前の体型に戻して、早く痩せたいと思うのは誰もが同じ。

 

しかし、何をすれば早く痩せるのかが分からないのも事実。「あなたも早く痩せたいですよね?」

産後に早く痩せている人は、痩せるための行動や正しい方法をとっています。

 

なので、痩せるために必要なことを取り入れて、実践をすれば早く痩せることできるのです!

この記事では、産後に太る原因や、いつから産後ダイエットを始めればいいのか?

 

授乳時期は痩せやすいのかなど、多くの産後ママの悩みをまとめています。

絶対痩せるダイエット法を実践さえすれば、あなたの産後ダイエットは絶対に成功間違いなしですよ!

⇒⇒⇒ 産後のぽっこりお腹を早く!綺麗に戻したい産後ママ必見!【120%成功する秘訣】

産後に太る原因は?

自分の体を鏡で見たら、こんな体型じゃなかったのにとがっくりする産後ママはほとんど。反対に、早くどうにかしよう!

早く痩せようとポジティブは人もいます。不安になる人は、何をどうすればいいのかが分からないかが不安になるんですね。

 

産後に太る原因がしっかり分かっていると、痩せるためには何をすればいいのかが分かりますよね?

妊娠から産後にかけて、大きく変わる体の変化に対応しなければ、思うように体重が減らずに、痩せないままになるのです。

産後に太る原因をいくつかお伝えしていきますので、一つひとつ確認するように見ていきましょう!

 

大きく膨らんだ子宮

お腹の赤ちゃんの成長と共に大きく膨らむ子宮は、産後のぽっこりお腹の一番の原因

この子宮は、出産後にすぐには小さくならず、約6週間の時間をかけてゆっくりと収縮していくのですが、戻る早さには個人差があります。

 

なので、産後にぽっこりお腹がへこむ早さにも個人差があり、子宮が収縮して小さくならないことには、ぽっこりお腹もへこまず、痩せにくくなるなる状態に。

いくらお腹を引き締めたいと思っても、大きく膨らんだ子宮を元の状態に戻さなくては、スリムなお腹は手に入れることはできません。

ホルモンバランスが崩れることで、数ヶ月、半年たっても子宮が大きく膨らんだままの人もいるので注意したいところ。

 

開いた骨盤の影響

妊娠中から広がり始める骨盤は、出産後にちゃんと閉じるようにケアをしなければ、体型が大きく崩れる原因になり、痩せにくい体を作ってしまうことになります。

そして、出産後の骨盤はゆがみやすいので注意が必要!

 

骨盤がゆがみやすい理由は、妊娠中に分泌される、リラキシンという女性ホルモンが、骨盤周辺の筋肉や関節、じん帯をゆるめる働きを持つため起こります。

骨盤が開いたままだと、内臓が下がるため下腹がぽっこり出たり、その影響で血流が悪くなるので、産後の体型戻しに大きくつながることを覚えておきましょう!

 

産後の食べ過ぎ

産後に食べ過ぎてしまって、なかなか痩せないとなげく産後ママは多くいます。

その原因としては、ただお腹が空くから食べ過ぎてしまうだけではなく、慣れない育児と出産でダメージを受けた体によるストレスにより食べ過ぎてしまうことがほとんど。

 

「ストレスを解消するために食べ過ぎていては当然痩せないですよね?」

ストレスを減らすには何よりも睡眠第一なので、睡眠不足や睡眠の質が悪い人は、ストレスがたまりやすくなるということを覚えておくこと!

産後は妊娠中から崩れているホルモンバランスや、体の状態が元に戻る大切時期なので、食べ過ぎてしまうなどの体に負担がかかることは、できるだけ避けることが肝心です。

 

一時的につく妊娠特有の脂肪

妊娠中は、お腹周りを中心に脂肪がつきやすくなります。

それは、単なる運動不足や食べすぎの他に、女性ホルモンの影響で一時的に脂肪がつくのです。

 

なぜ、お腹周りに脂肪がつくのかというと、お腹の赤ちゃんを外からの衝撃から守るため、もう一つは、母体が栄養不足になったときに栄養を届けるためと、赤ちゃんの成長維持のため。

妊娠中に一時的についた脂肪は、産後にホルモンバランスが整うと共に落ちていくのですが、ホルモンバランスの状態が良くないと、脂肪は落ちにくいので痩せにくくなる結果につながってしまいます。

産後ダイエットはいつから始めるのが理想?

産後ダイエットは、出産後に体の状態が回復してから行うのが理想。しかし、体を回復させるのも、産後のダイエットの一環です!

ホルモンバランスや体の状態を良くすることで、大きく膨らんだ子宮や、妊娠中に一時的についた脂肪も落ちやすくなります。

 

産後ダイエットというのは、激しい筋トレや食事制限とは一切無縁で、妊娠前の体の状態にどれだけしっかり戻せるかが重要なこと。

そのためには、食事や睡眠、開いた骨盤を締めるなど、正しいケアが大切になりますよね!

産後直後、1ヶ月、2ヶ月と、行った方がいいケアは違ってくるので、その辺りも含めてこれからお伝えしていきます。

授乳中は1番痩せる時期って本当?

授乳をする期間は産後1番痩せやすい時期であると言えます。

その理由は、授乳をすることで多くのカロリーを消費するからです。

 

カロリーの消費量でいうと、約500キロカロリーほどになるので、約1食分でとるカロリーの量になります。

1食分がなかったことになるのはかなり大きいですよね?

 

産後に関係なく、人の体はカロリーが消費すれば痩せることはみんなが知っていること。

筋肉をつけて基礎代謝を上げれば、痩せやすい体になるのと同じ。

 

産後すぐは安静第一のため、体を動かすことによるカロリー消費ができないので、授乳によるカロリー消費は、産後ダイエットにとってありがたいものなのです。

しかし、授乳をしているから痩せると過信してしまう人が多いので気をつけることが肝心!

出産後に痩せる人と痩せない人の違い

出産後にすぐ痩せる人、なかなか痩せない人がいますよね?

どうして痩せる早さに違いが生まれるのでしょうか?その違いとなるものを一つひとつ見ていきましょう。

妊娠中から準備していた

産後すぐに痩せて、体型が戻る人のほとんどは、妊娠中から食べ過ぎないように体重管理をしていたり、産後に大きく体型が崩れないように、骨盤やお腹周りの筋力を鍛えて人に多いのです。

もしくは、もともと太りにくい体質の人。

 

妊娠中に食べ過ぎてしまっていては、余分な脂肪が体についてしまうので、カロリー消費が少ない産後は脂肪が落ちにくい結果に。

そして、何より筋肉をつけて筋力を鍛えていた人は、基礎代謝が高い分、痩せやすくなりますよね?

この2つが産後に痩せやすい1番の特徴になります。

 

産後に食べるものを意識した

産後は出産によりダメージを受けた体の回復と、赤ちゃんに与える母乳のために、十分な栄養をとることが求められます。

その中で、どんな栄養素をとり、どんな食事を意識するかによって、大きく体型戻しに影響することは確かです。

 

筋力が戻るように、しっかりたんぱく質をとることは大事ですよね?

それよりも筋肉がしっかりつくように、体の柱となり骨格となる骨に対してカルシウムをとることも重要。

 

ビタミン・ミネラルなど、産後は本当に多くの栄養が必要になります!

しんどいからといって、簡単に食べれるものや、出来合いのものばかりを食べていては、体は栄養が足りません。

 

自分が思っている以上に、体は栄養を求めていることは知っていてくださいね。

栄養が十分にあればあるほど、産後の体の状態は戻りやすく、痩せやすくなるのですよ。

 

開いた骨盤を早く元に戻す

産後に太る原因の一つの開いた骨盤を、早く戻さないことには体型戻しも、産後ダイエットもうまくはいきません。

産後にすぐ痩せる人は、産後すぐから骨盤ベルトで骨盤をゆがまないように固定し、開いた骨盤を閉じる努力を心がけています。

 

そして、骨盤ベルトでのケアだけでなく、産後ショーツでおしりやお腹周りの筋肉を正しい位置に定着させ、体型戻しをスムーズに行ってるのです。

産後1ヶ月が過ぎると、体調も回復してくるので、お腹周りを締め付ける産後ガードルを使う人も多くいますよ。

 

どの骨盤ケアグッズも、産後の体のことを考えて作られているので、それは痩せやすくなるのは当然ですよね!

開いた骨盤を早く戻すことができた人は、痩せやすい体の状態になるということを覚えておきましょう。

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

絶対痩せる産後ダイエット法①【骨盤編】

産後骨盤ベルト

何度もお伝えしているように、産後にゆがみやすい骨盤をゆがまないようにすることが、大きく体型を崩さないようにするための大事なポイント!

骨盤周辺の筋肉や関節がゆるんでいるので、骨盤ベルトで固定するようにしましょう。(体型が崩れてからでも骨盤ベルトは有効です)

 

骨盤ベルトは、ただ骨盤を締めるだけではなく、妊娠中から低下している腹圧(体の軸)を高めることができるので、産後の体型戻しと痩せるためには非常に効果的なのです。

妊娠中からの筋力の低下により姿勢を保つことが難しくなるため、体に変なクセがついてしまう可能性も高くなります。

 

なので、育児や外出時に歩くときは骨盤ベルトをつけるようにすることが大切!

骨盤ベルトは妊娠前の体の状態に早く戻してくれるアイテムだということを忘れないでくださいね。

しかし、産後骨盤ベルトは機能性にこだわることが最も重要です。骨盤ベルなら何でもいというわけではなく、骨盤を引き締めることにおいて考え尽くされたものを選ぶことが大切。

 

産後ショーツ

産後ショーツは骨盤ベルトとは違い、骨盤への締めつけが弱くなります。

しかし、おしりやお腹周りの筋肉を、正しい位置に戻してくれる役割を持つので、ヒップアップやお腹の引き締めを早くした人には欠かせないアイテムの一つ!

 

締めつけ力が弱い分、寝ているときもつけることができるので、ほぼ24時間お腹の締めつけが可能に。

ただ、出産後から1ヶ月間は、悪露もあるので付けすぎには十分に注意することが肝心。

正しい筋肉の位置を定着させて、体を動かすことはとても大事なことなので、産後ショーツをつけることはおすすめですよ。肌触りがよく、つけ心地がいいものをつけるがポイント。

 

産後ガードル

産後ガードルは、お腹の引き締めと体型戻しにおいて、効果を発揮するアイテムの一つ。その理由は、産後ショーツとは違い、お腹全体を引き締めるように作られていること。

そして、通常のガードルとは違い、骨盤を矯正する機能が備わっているので、産後の体型戻しをスムーズに、早く成功させるために考えられたもの。

 

産後骨盤ベルトや産後ショーツもそうですが、せっかく早く痩せることができる反則みたいなアイテムがあるにも関わらず、別に使わなくてもも思ってしまう人もいます。

そういった人は、思うように痩せれずストレスがたまったり、後悔してしまう人も少なくありません。

使ってみないと分からないものは多いですが、何度も言うように人気があるものは効果が高いものだということを忘れずに!

絶対痩せる産後ダイエット法②【食事編】

産後に早く、ちゃんと痩せるためには、食事からの栄養摂取が最も大切。産後すぐに痩せる人の特徴でお話したように、体の回復のため、母乳の栄養のために、十分な栄養摂取は絶対に欠かせません。

そこで食事に対する大事なポイントをいくつかお伝えしていきます。

 

代謝を戻す、上げるためにはたんぱく質

痩せるためにはとにかく代謝を上げて、多くのカロリーを消費すること。そのためには、妊娠中からの運動不足により、落ちた筋肉を戻すことが重要。

なので、たんぱく質を心がけてとる必要があります。しかし、産後にお肉を食べることはもちろんいい食事なのですが、魚やたまご、豆腐といった、消化に負担がないものを食べることが大切!

 

産後1ヶ月後は、体の状態も回復している頃なので、お肉を食べることもいいのですが、出産後に食べるものはなるべく体に負担がかからないものを食べることを心がけましょう。

アーモンドやナッツなどを1日に何粒か食べることを私はおすすめします。

早く痩せたいならサプリを飲むことが秘訣。どうしても食事からでは、産後に必要な栄養をすべてとることは不可能なのです。

 

 

伸びたお腹の皮を戻すにはビタミン

妊娠中に、お腹の赤ちゃんの成長と共に伸びたお腹の皮は、出産後はすぐに戻ることはなく、しっかりケアをしなければ、しわや妊娠線、たるみとなって残ってしまうことに。

なので、妊娠前のスリムな綺麗なお腹に戻そうと思うと、それなりのケアが必要になるのです。

 

肌のターンオーバー(肌代謝)を高めることが1番大事ですが、お腹の皮ふを修復させるために、ビタミンB6などのビタミン群をとることも肝心になります。

ビタミンB6は、レバーや肉・魚・たまご・豆腐・乳製品・ナッツ類に多く含まれているので、これらの栄養素を意識して食べること!しかし、栄養がかたよってばかりではいけないので、新鮮な野菜なども食べるようにしてくださいね。

 

食べ過ぎを防ぐための方法

産後はホルモンバランスが崩れている影響で、自律神経が乱れやすくなり、精神的に不安定になるため、ストレスがためりやすく、ストレスを解消するために食べることに走ってしまう人がほとんど。

そこで食べ過ぎないために工夫をすることで、産後の食べ過ぎを防ぐことができます。

 

甘いものが食べたくなったらはちみつ

ストレスがたまると、体は甘いものを求めます。スイーツやお菓子など、甘いものを食べるとホッとしたり、安心したり落ち着きますよね?

しかし、白砂糖は体にとっては良くありません。特に、大事な産後の時期は避けたいもの。なので、栄養価の高いはちみつをスプーンに垂らして食べること。

 

はちみつは消化が早く、すぐにエネルギー源になるので、産後の体にとって最高の食べ物。はちみつだけがさみしい場合は、クラッカーなどと一緒に食べるのもいいですね!

はちみつも、できるだけ添加物が使われていない、こだわりのはちみつを選ぶように。

 

ネットでいろんなはちみつが売られているので、はちみつ選びも楽しいですよ。私も毎日健康と美肌のために、はちみつをとるように心がけています。

栄養価抜群のはちみつをとって、食べ過ぎを防ぎましょう。

 

よく噛んでゆっくり食べる

ゆっくり食べることが大事。これはずっと言われていますよね?その理由は、ゆっくり食べることにより、脳に満腹感を与えるため、満腹中枢に満腹感を早く与えるためなのですよ。

満腹感を決める満腹中枢は、個人差がありますが約10分~15分後に正常に信号を出します。

 

その信号が出るまでは、脳は満腹感を得られないので、ガツガツ食べ過ぎてしまうことに。早食いの人が太りやすいのはこの満腹中枢が1番の原因。

そこで、対策として、ゆっくり食事をすることも大切ですが、食事を始める10分か15分前に、アーモンドやナッツなどを何粒か食べておくこと。

 

そうすれば、満腹中枢からの信号が出やすいので、食べ過ぎを予防することができます。あと、たんぱく質は満腹感を早く感じることができるので、たんぱく質を中心とした食事を心がけてみてくださいね!

効果絶大のダイエットの“うまくいく4つのコツ”

保湿クリームでお腹の皮を保湿して引き締める

産後お腹のたるみの1番の原因となる伸びたお腹の皮は、ターンオーバー(肌代謝)がうまくいくように、保湿をすることが大切です。

産後の肌は女性ホルモンの影響で、乾燥しやすく敏感な状態になっているので、常に保湿を心がけることでたるみも解消され、お腹も痩せやすくなることに。

 

保湿力と浸透力が高い、無添加やオーガニックといった、体や皮ふに安全な成分が含まれている保湿クリームを選ぶことが重要

産後のお腹の皮は、ただ保湿をすればいいというわけではありません。不足している成分のことを考えられた保湿クリームを使うことで、引き締め効果は違うということを忘れないでおきましょう!

睡眠の質を高める

産後に睡眠が十分にとれていなければ、産後の体は思うように回復せず、痩せないことにつながります。

赤ちゃんの夜泣きや、育児でゆっくり寝れないことも多いとはおもいますが、仕方がないといって体を休ませなければ、思うように痩せなくでしょう。

 

寝る前は食事をしない、夕食は体に負担がかからないものを食べて体に負担をかけないようにして睡眠の質を高めることが大事なこと!

寝る前にゆったり深呼吸やストレッチをして、体と頭をリラックスさせ、深い眠りにつけるように持っていくことも、睡眠の質を高める有効な方法。

 

水分をとって代謝を上げる

妊娠中からの運動不足により、大きく筋肉量は減少していることは知っていますよね?

筋肉量が減少することにより、痩せるために最も必要な代謝が下がってしまうのですが、代謝を上げるには体をいい状態に保つことが重要です!

 

その一つとして水分をしっかりとることが肝心。1日の中で汗をかいたり、トイレをしたり、呼吸のときからと、体から出ていく水分の量は2リットル以上。

更に、産後は授乳もあるので3リットル近い水分が体から出ていくことになります。

 

体の半分以上が水分でできている中で、水分が不足している状態が、決していい状態とは言えませんよね?

産後に体型が戻りやすい人や、早く痩せることができている人は、水分をとることを意識してとっている人も多いのです。

 

普段から水分をとることが習慣になっている人は、無意識に摂取しているとは思いますが、習慣でない人は常に意識をして水分をとる必要があります。

特に起床時は、体内の水分が不足しているので、500ミリリットルの水分摂取が望ましく、産後に早く痩せたいのであれば、最低でも2リットル以上の水分は毎日飲むようにしましょう!

 

スクワットで代謝を増やす

なぜ、スクワットをすれば代謝が増えるのでしょうか?その理由は、太ももが一番筋肉量が多いからです。筋肉量が多い部分を鍛えることで基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がることで痩せやすくなることは誰もが知っていること。

 

そのため産後のスクワットは産後ダイエットにおいて最も効果的なトレーニングと言えるのです。

しかし、産後はまだ体の状態が回復していないため、膝に負荷がかかりやすいスクワットのフォームには注意が必要。

 

膝がつま先から出ないようにお尻を突き出し、スクワットのフォームには気をつけましょう!

スクワットは早い動作で行わずに、ゆっくりと筋肉を意識して動かすようにして行うことが大事なポイント。

まとめ

産後に早く痩せたいのであれば、産後に太る原因をちゃんと知り、痩せるために効果的な方法を取り入れる必要があります。

その中でも、産後に不足しがちな栄養や、開いた骨盤、ホルモンバランスを整えるなど、妊娠前から変化した体の状態を戻す、意識を持つことがとても大事なこと!

 

特に、ホルモンバランスは睡眠や栄養といった、体に欠かせないものが影響するので、規則正しい生活が求められることに。

食事のとり方、睡眠のとり方が産後の体型戻し、痩せるための産後ダイエットに大きく関わるのです。

 

早く痩せるには、正しいケアを意識高くすることだけなので、後は気持ち一つだけ!

産後のトレーニングはスクワットを取り入れ、基礎代謝を上げながら、効果的に産後ダイエットに取り組みましょう!あなたなら簡単に痩せることができるので大丈夫ですよ。

    -(出)産後のお腹・体型基礎知識

    © 2021 産後の体型戻しの秘訣 Powered by AFFINGER5