(出)産後のお腹・体型基礎知識

【産後ダイエット】授乳中の運動・食事・サプリが効果絶大!母乳で痩せて体型戻し&お腹引き締め!

授乳中に、産後ダイエットをスムーズに成功させるためには、一体何が必要なのでしょうか?

できるだけ早く痩せて、産後ダイエットを成功させたいですよね!そのためには気を付けることや、大切なことがいくつもあります。

 

確かに、授乳中は最も痩せやすく、産後ダイエットがスムーズに成功しやすい時期でもありますが、何もしなくても痩せるなどといった、間違った思い込みや行動をしてしまうことで、うまくいかないことになってしまう結果に。

大事な授乳中の時期に、痩せやすい体の状態にするために、産後ダイエットで効果絶大の方法を見ていきましょう!

 

産後ダイエットにおいて、運動・食事・サプリは最も欠かせないものであり、スムーズに痩せるために必要なものでもあります。

授乳中に産後ダイエットを成功するために必要なことをすべて詰め込んでいるので、必ず妊娠前の綺麗な体型に戻ってくださいね。

むしろ、産後は体型を変えるチャンスでもあるので、妊娠前よりも綺麗な体型を目指しましょう!

産後に太る4つの原因

産後に太ってしまう原因をしっかり分かっていますか?太る原因が分かっていると、痩せるための対策・ケアができるので、まずは産後太りの原因を知ることが大切です。

産後に太る原因は4つ考えられるので、一つひとつ見ていきましょう!

 

妊娠中に一時的についた皮下脂肪の影響

妊娠中はお腹周りを中心に、たくさんの脂肪がつきましたよね?

妊娠中に脂肪がつくのは、運動不足と食べ過ぎだけが原因ではなく、女性ホルモンの影響によって、一時的に皮下脂肪がつきやすくなるのです。

 

一時的に脂肪がつく理由は、お腹の中の赤ちゃんを外からの衝撃から守るため、母体が栄養不足になったときに栄養を届けるようにするたの2つ!

なので、出産によってお腹の赤ちゃんがいなくなると、一時的についた脂肪は必要でなくなるため、本来はすぐに落ちるのですが、ホルモンバランスが崩れたままだと脂肪は落ちない結果に。

脂肪が落ちないことには、ぽっこりお腹や崩れた体型は当然戻らないので、ホルモンバランスを整えて、妊娠中についた脂肪を落とすことが肝心になるのです。

 

出産によって骨盤が開いた影響

出産が近くなるにつれて、妊娠中から骨盤が広がり始めることは知っていますよね?

骨盤は、出産のときに急に開いて広がるわけではありません。

 

妊娠中に、リラキシンをいう女性ホルモンが分泌されることで、骨盤周辺の筋肉と関節、じん帯がゆるむことで骨盤は広がるのです。

その開いた骨盤を、出産後に閉じるようにケアをしなければどうなるでしょうか?姿勢が崩れたり、お腹のたるみにつながることになりかねません。

 

開いた骨盤も、先ほどの妊娠中につく皮下脂肪と同じく、ホルモンバランスを整えることが骨盤がスムーズに閉じることにつながります。

しかし、産後に開いている骨盤は、女性ホルモンの影響でゆがみやすいので、骨盤ベルトで固定するなどの骨盤ケアが重要なこと。

 

運動不足による基礎代謝の低下

妊娠中からの運動不足により、筋肉量が大きく減少してしまう状態に。筋肉量が減ってしまうと基礎代謝も落ちてしまうことになります。

痩せるためには基礎代謝を上げることが一番大事ですよね?その基礎代謝が下がるとなっては太りやすくなるのは当然の結果。

 

なので、産後はできるだけ体を動かして、筋肉量を戻して基礎代謝を上げていかなければなりません!

産後は授乳をしていれば自然に痩せるわけではないということを覚えておきましょう。

 

産後のストレスによる影響

出産後はストレスがとてもたまりやすい環境にあります。

慣れない育児と、出産によりダメージを受けた体により、無意識の内にストレスがかかってしまうのです。

 

更に、体を回復させるために重要な睡眠も、赤ちゃんの夜泣きでゆっくり眠ることができず、睡眠の質が低下してしまうことがほとんど。

そしてあまり知られていないことに、睡眠不足によって自律神経が乱れ、食べ過ぎてしまいやすくなるという研究データもあるので、産後はいかにストレスをためないようにするかが、産後ダイエットを成功させるためでもあります!

⇒⇒⇒ 産後のぽっこりお腹を早く!綺麗に戻したい産後ママ必見!【120%成功する秘訣】

授乳中に痩せやすいのはどうして?母乳バンザイ!

なぜ、授乳中は痩せやすいのでしょうか?みなさんが知っている通り、母乳による消費カロリーが多いため、痩せやすくなる状態に。

母乳による一日の消費カロリーは、約500キロカリーと言われており、これは食事の1食分に当たる消費カロリーです。

 

1食分の食事がなかったことになるのはかなり大きいですよね?

母乳をあげる授乳の時期にストンと体重が落ちやすいので、痩せやすい時期にある程度体重を落としておくことが、産後ダイエットをスムーズに成功させることにつながるのです!

授乳中の産後ダイエットで注意すること『授乳中に太ってしまう人の特徴』

先ほど、授乳中は痩せやすいとお伝えしましたが、授乳中に痩せない人もいますよね?それは一体なぜなのでしょうか?その理由をいくつかお伝えしていきます。

食べ過ぎ

まず大きな原因となるのが食べ過ぎ。いくら授乳によるカロリー消費が大きいからといって、食べ過ぎていては痩せません。痩せるどころか逆に太ってしまうことも考えられます。

授乳の時期に食べ過ぎてしまっていると、授乳をやめたときが何より大変なことになることは分かりますよね?

 

授乳によるカロリー消費がない分、ますます痩せなくなることは目に見えています。

産後に食べ過ぎてしまうのは、ストレスによる影響が最も大きいので、ホルモンバランスを整えるように、ストレスを解消するようにすることが、食べ過ぎの予防になるということを忘れないでくださいね!

 

母乳による栄養不足

母乳により、カロリーを消費してくれるのはいいものの、体からは自分が思っている以上の栄養が出て行ってしまいます。

栄養不足だと痩せにくい状態になり、ストレスもたまりやすく、肝心なホルモンバランスを整いません。

 

自分の体のためにも、赤ちゃんのためにも、十分な栄養をとることが重要です。

授乳中に産後ダイエットがスムーズに成功しない人は、栄養が不足しているということを知っておくこと。

バランス良く栄養をとることが、痩せやすい体の状態を作る上で欠かせないことになることを覚えておきましょう!

 

水分不足

体の半分以上が水分でできていることはみんなが知っていること。

水分が少なければ、基礎代謝が低いので、基礎代謝を上げるためにも水分はしっかりとること!

 

産後は授乳により、体内から多くの水分が出ていくので、最低でも2リットルの水分はとりたいところ。

普通に生活しているだけでも、約2リットル以上の水分が体から失われるので、産後の水分摂取は心がけたいところですね。

水分をとることは、ホルモンバランスを整えることにもつながるので、水分をとることを意識するかしないかで、産後ダイエットの成功に大きく影響することを忘れないでおきましょう。

母乳で痩せて体型戻し&お腹引き締めができる理由

母乳で痩せることができれば、妊娠中についた脂肪も落ち、お腹のたるみも引き締められます。

痩せないことには、産後のお腹のぽっこりやたるみも解消されないので、消費カロリーをとにかく増やすことが肝心。

 

なので、母乳によるカロリー消費は、産後に痩せる上で欠かせないものになることを覚えておきましょう。

しかし、母乳だけでは痩せることにはつながらないので、産後太りの原因の一つになっている、開いた骨盤を閉じるようにケアをすることが欠かせません!

 

開いた骨盤を閉じることで、授乳や育児中に崩れやすい姿勢が崩れないようにすることができます。

姿勢が崩れてしまうことで、お腹や内臓が圧迫され、全身の血流も悪くなるので要注意!

 

授乳中・育児中など、姿勢が崩れる可能性があるときや、体を動かすときは産後骨盤ベルトを巻くことをおすすめします。

姿勢が良くなると基礎代謝が上がるので、痩せやすい体になることができるのです。

開いた骨盤を閉じることで、下腹のぽっこりもお腹のたるみを改善されるので、使わないわけにはいきませんよね!

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

【産後ダイエット①】授乳中の運動による効果

授乳中の運動は基礎代謝を上げることにおいて、最も効果が高い方法の一つ。なので、産後はできるだけ体を動かすことが大事!

家の周りを散歩したりするだけも気分転換になり、ストレスの解消にもつながります。更に、呼吸を意識して歩くことで、全身の血流が良くなるた痩せる効果が高まることに。

 

産後は、産褥体操や骨盤体操によって、妊娠中から使っていなかった筋肉を動かすことができるので、筋肉量を戻して基礎代謝を上げることにつながるのです。

ただし負荷が大きい激しい筋トレは、母乳が出なくなってしまう可能性が高くなるので、気を付けてくださいね。

授乳の時期は決して無理はせず、徐々に運動により体を動かしていくことが大切になります。

【産後ダイエット②】授乳中の食事・サプリによる効果

授乳中は栄養不足になりやすいことはよく分かりましたよね?なので、食事にはかなり気を付けるようにすることが重要。

肝心な筋肉量を増やすためには、たんぱく質を中心とした食事をすることも一つ

 

たんぱく質は食欲を抑える働きもあるので、たまご・お肉・お魚・納豆・豆腐・ナッツなどを意識してとるようにしましょう!

ビタミン・ミネラル・カルシウムももちろん必要です、食事だけから十分な栄養をとることは正直難しいところがあるので、サプリメントから栄養をとることをおすすめします。

 

産後のことを考えて作られているサプリもあるので、早く痩せたい、産後ダイエットを成功させたいのであれば、積極的にサプリメントを飲むようにすること

プラセンタは良質なたんぱく質がとれ、体にとって必要な栄養素がかなり含まれているので飲んでみるのはおすすめ。

まとめ

産後ダイエットを成功させるには、何が必要で、何をすればいいのかがすべて分かりましたか?

産後太りの4つの原因の対策とケアをしっかりすれば、スムーズに産後ダイエットを成功することはできるはずです。

 

そのためには、授乳中に太らないように注意することを踏まえて、産後ダイエットを実践することが大切。

母乳によりかなりの栄養が体から出ていくので、食事とサプリメントからの栄養摂取は一番重要なことかもしれません。

 

運動にしても、効果を高めるためにはやはり栄養なので、産後ダイエットを早く、スムーズに成功したいのであれば、食事とサプリメントを徹底的に意識するようにすること!

骨盤ベルトによる開いた骨盤へのケアも肝心なことなので、一つひとつ忘れないように、すべて実践すれば絶対に体型はすぐに戻り、お腹を引き締めることもできますよ。

    -(出)産後のお腹・体型基礎知識

    © 2021 産後の体型戻しの秘訣 Powered by AFFINGER5