産後のお腹

産後の体型が戻らない原因は?『出産後の体型戻しを成功させる7つの方法』

産後に崩れた体型が、すぐに戻る人もいれば、なかなか戻らない人もいますよね?

産後は思うように体型が戻らない人がほとんどなので、産後ママたちは悩みが耐えないのです。

 

しかし、なぜ産後の体型は戻りにくいのでしょう?しっかりと正しいケアをすることで体型戻しはスムーズにいき、悩むことなく成功します。

特に、出産によって開く骨盤を早く戻すことが、産後の体型戻しの成功へとつながることは覚えておきましょう!

 

妊娠から産後にかけて、体型も体のバランスも大きく崩れて変化するので、対策や予防、ケアがとても重要。

産後の体型戻しが思うようにいかない人は、ただ何かが間違っているか、正しいケアができていないかの2つだけ。(開いた骨盤ケアをしていなかった人がほとんど)

 

この記事では、産後の体型が戻らない原因と、『出産後の体型戻しをスムーズに成功させる7つの方法』など、産後の体型戻しのことについてお伝えしていきますね。

これであなたの体型戻しは、もう成功したようなもの!

⇒⇒⇒ 産後のぽっこりお腹に効果抜群の骨盤エクササイズの方法!妊娠前を超える美ボディになるための秘訣

産後の体型が戻らない原因

出産後に崩れた体型は、なぜ妊娠前のような体型にスムーズに戻らないのでしょう?スムーズに戻る人もいるのに私だけ?そうおもう産後ママがほとんど。

産後に体型が戻らない原因を知ることで、体型戻しの対策や予防、ケアができるようになるので早速見ていきましょう。

 

開いた骨盤により内臓が下がる

妊娠から出産にかけて骨盤は広がるのですが、骨盤が広がることによって内臓が下がることは知っていましたか?

妊娠中にリラキシンという女性ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンは骨盤周辺の関節とじん帯、筋肉をゆるめる働きを持つため骨盤は広がります。

 

しかし、出産後も開いた骨盤は広がったままで、骨盤周りもゆるんだ状態に。

骨盤周りがゆるんだ状態にあると、筋肉が引っ張られてお腹の力が抜けるため、力が入りにくくもなります。

腹筋やお腹周りの筋肉が内臓を支えているので、内臓を支えきれなくなることで下っ腹が出たり、ぽっこりとお腹が出て体型が崩れる原因となることに。

 

妊娠中による筋力の低下

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのためにも体を安静にする必要があり、妊娠後期となると体を動かすことがほとんどなくなります。

体を動かさなければ当然筋肉を使わないため筋力は低下。筋力が低下することで、産後の体にどういった影響を与えると思いますか?

 

まず一つ目は姿勢の崩れ歩いたり体を動かしたりせず、体を横にして安静にしていると腹筋や背筋などの体の軸となる筋力が低下してしまいます。

正しい姿勢をとるためには腹筋と背筋の筋肉が欠かせません。

しかし、この2つの筋力が低下することで、産後の姿勢と体型が崩れやすくなる原因に。

 

筋肉量の減少により代謝が下がる

妊娠中の運動不足は筋力の低下だけではなく、筋肉量が減少することにも問題があります。

筋肉量が減少することで一番の問題は代謝が下がること。代謝が下がることで食べたものがうまく燃焼されず、太りやすく痩せにくい体の状態になってしまう結果に。

 

産前や妊娠中に、産後にそなえて筋肉を動かしていた人は、産後に筋肉を動かすことで筋肉は戻りやすいのですが、産後まで何も準備をしてこなかった人は、準備をしていて人に比べて筋肉は戻りにくく、代謝もなかなか上がりにくいのです。

「痩せるには筋肉をつけて代謝を上げること!」とよく言いますが、産後も同じです。

妊娠前の筋肉の状態に戻さなければ、産後の体型は戻りません!

 

妊娠中は脂肪がつきやすい

妊娠時にお腹の中の赤ちゃんを外からの衝撃から守るため、お腹周りを中心に脂肪がつきやすくなります。

このように妊娠中に一時的についた脂肪は、出産後には落ちやすいため心配する必要はありません!

 

しかし、一時的に落ちるからといって何もしなくてもいいというわけではなく、崩れているホルモンバランスを整えるために十分な睡眠と栄養をとったりと、脂肪が落ちやすい環境を整える意識が重要です。

それよりも、妊娠中の食べ過ぎによってついた脂肪は、産後は代謝が下がっていることで落ちにくいので注意が必要!

 

ホルモンバランスの崩れ

出産後にお腹がぽっこりする一番の原因となる子宮ですが、ホルモンバランスの影響が子宮の戻りに大きく影響します!

本来子宮は、約6週間の時間をかけて収縮し元の大きさに戻るのですが、出産後の体と育児によりストレスがかかることでホルモンバランスが崩れてしまいます。

生理が遅れることを経験したことがある人がほとんどだと思いますが、ちょっとしたストレスでもホルモンバランスに影響してしまうことを覚えておきましょう!

産後痩せないのはストレス?

産後に思うように痩せないし、ストレスがたまるときも多いですよね。

ただでさえ出産後は慣れない育児と回復していない体でストレスがたまりがちに。

 

ストレスがたまりすぎると人は食べることに走ります。そうすると、更に痩せなくなることは分かりますよね?

食べると精神的に落ち着くので食べてしまうのですが、人は胃に刺激を与えることでリラックスする神経の構造になっているのがその理由です。

 

食べることでストレスを解消し、食べることで落ち着くのならば、落ち着くためにどんなことをすれば自分が落ち着くのかということを知っていれば問題ないですよね?

例えば呼吸でいうと、ついつい食べ過ぎてしまう人は、普段からの呼吸が浅い特徴があります。呼吸が浅ければ脳に酸素が行き渡らないため、正しい判断ができなくなることに。

 

そして、呼吸が浅ければ全身の血流も悪くなるので、産後の体型戻しにはいいことはありません。

産後は常に深い呼吸をして、気持ちを落ち着かせる習慣をつけておくことがとても重要。

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤ケアと授乳で悩み解決!「妊娠中から変化する体重の戻し方」

出産後の体型戻しがうまくいくための7つ方法

産後の体型が戻らない原因をお伝えしたところで、次は出産後の体型戻しがうまくいくための7つの方法をお伝えしていきますね。

この7つの方法を産後の生活に取り入れるだけで、産後に崩れた体型は元に戻りやすくなることでしょう!

 

骨盤ベルトで開いた骨盤を締める

出産後は開いた骨盤を締めて骨盤を整えないことには、産後の体型戻しはうまくいきません!

なので、産後にゆるんでゆがみやすい骨盤をしっかりと固定することが肝心。

 

骨盤ベルトをつけるときに大事なことは長時間つけないこと。

骨盤ベルトは育児中や歩くときなど体を動かすとき、姿勢が崩れるような体勢になるときにつけるようにしましょう!

 

長時間のつけすぎは、出産後の体を圧迫して血流を悪くしてしまう可能性があるので、必要なときにつけるようにしてくださいね。

後は骨盤ベルトを巻く位置にも注意が必要!お腹を引き締めたいからといってお腹を中心に巻くのではなく、骨盤を中心に巻くようにすることが大切です!

 

体を動かして筋力を戻す

産後に崩れた体型を妊娠前の状態に戻すには、筋肉を動かすことが必要です。

特に産後の体型戻しのことを考えると、低下した腹筋やお腹周りの筋肉を動かすことが重要!

 

しっかりお腹周りの筋肉を動かすことで、お腹のぽっこりやたるんだお腹も解消され、体型が戻りやすくなります。

そして、筋力がつくことで姿勢を正すこともでき、姿勢の良さは代謝を上げることにも繋がるのです。

「体型は姿勢を正すことから」ということを意識しながら、産後は筋肉を動かし筋力を戻しましょう!

 

筋肉をつけて代謝を上げる

妊娠から産後にかけて痩せにくい原因となっている、筋肉量の減少による代謝の低下。

代謝を上げないことには、産後に脂肪がついている体は痩せにくくなるのは当然ですよね?

 

産後の体型を整えるためには、腹筋やお腹周りの筋肉を鍛えることが大切なのですが、筋肉量を上げて代謝を高めるには、体の大きい部分の筋肉を鍛える必要があります。

大きい筋肉とは太ももや胸の筋肉です。太ももの筋肉は体の筋肉の中でも一番大きい筋肉なので、鍛えることで代謝も上がりやすくなりますよね?

 

育児中にしゃがむときに太ももの筋肉を意識して動かしたり、無理をしないように散歩をしたりすることで、太ももの筋肉は鍛えることができます。

産後の体型の戻りが早い人は、妊娠前や妊娠中から筋肉を鍛えていた人なので、産後も代謝が上がりやすく痩せやすいのです。

 

半身浴で代謝を高めリラックス

「産後に半身浴はしていますか?」、半身浴は体の芯を温めることができ、代謝を上げる方法の一つでもあります。

半身浴中に深呼吸を意識することで、全身の血液循環が良くなるので、心身を整えることにもすごく効果的なのです!

 

産後は慣れない育児やホルモンバランスの影響で、精神的に不安定な状態になりやすく、なかなか気持ちもゆっくりできない状態のはず。

どこかで一息ついてリラックスしないことには、産後の体型戻しにも、愛するわが子にとっても良くはないことは分かりますよね?

お湯の温度は自分が気持ちいいとおもう、入りたい温度を設定してゆっくり温もるようにしましょう!

 

睡眠の質を高めて体型が戻る環境を整える

産後は赤ちゃんの夜泣きもあり、夜はゆっくり寝ることは難しいもの。

出産後の体は大きなダメージを受けていると共に、体を回復させるためにしっかり休ませる必要があるので睡眠は欠かせないこと。

 

そこで、ゆっくり眠ることができないのであれば、睡眠の質を高めることが大切!

睡眠の質を高めるには寝る前に食事をしない、夜は消化に悪いものは食べないようにするなどの工夫が大切。

寝る前には体と頭が寝る体制に入っていなければ睡眠の質は悪くなるので、寝る前に深呼吸を数回してリラックスした状態から寝ることも、睡眠の質を高めるために効果的なことの一つ。

 

歩き方を意識する

産後は体が回復したら、筋力を戻すためや代謝を上げるため、そして血液を循環させ体の調子を整えるために歩くことが大事なこと!

筋肉や体は妊娠前のような感覚とは違うと思いますが、足の裏を意識したり、お腹を引っ込めて歩くなどして歩くことで、産後の理想的な筋トレにもなるのです。

 

歩くことに慣れてきたら歩幅を広げて大股気味に歩いたり、体を左右にひねりながら歩くようにしましょう!

より多くの筋肉を動かすことで筋肉量が増え、代謝も上がるので、産後に崩れた体型が戻りやすくなります。

 

そして、歩くときにも深い呼吸を忘れないでくださいね。

酸素を筋肉を動かす上でのエネルギーとなるので、産後の体型戻しを効率良く成功させやすくするのです。

 

栄養バランスを考えて食事をする(食べ過ぎない)

産後は自分の体と、赤ちゃんに母乳を与えるために十分な栄養が必要に。

バランスのいい食事が理想ですが、すべて食事だけで補おうとおもうと難しいもの。

 

なので、サプリやプロテインで産後に必要な栄養をとることが大切です。

たんぱく質は筋肉に必要な栄養素だということは誰もが知っていることですが、食事だけで補うことは実際難しいですよね?

そして、たんぱく質は食欲を抑える働きがあるので、産後の体型戻しにおいて一番最強の栄養素と言えます。

産後ダイエットを成功させる引き締めグッズ

産後ダイエットを成功させるには一つのことだけ頑張ればいいわけではありませんよね。

妊娠から大きく変わる体、体型をどのようにして戻すのかということを考えることが肝心。

 

先ほど体型戻しがうまくいくための方法で、骨盤ベルトを使って産後の骨盤を締めることをお伝えしましたが、産後骨盤ベルト以外にも体型を引き締めるものがあります。

一つは産後ショーツ。産後ショーツは出産直後からつけることができ、骨盤がゆがまないようにするために作られています。

 

骨盤だけではなく、おしりのヒップアップやお腹周りの筋肉を正しい位置に締め付けるので、骨盤とお腹周りが引き締められ、体型が戻りやすくなるのです。

そして、産後に冷えやすい体を温める素材でできているショーツも多いので、機能性が高い産後ショーツを選んではくようにしましょう!

 

産後の肌は女性ホルモンの影響で敏感な状態になっているので、素材には気を付けてくださいね。

2つ目が産後ガードル。産後ガードルは骨盤ベルトやショーツと違って、出産直後からつけることはできません。

 

お腹周りへの締め付けが強い分、内臓などが圧迫され、体の回復に支障がでてしまうためです。

しかし、産後ガードルは産後の体型を戻すように作られているので、特にお腹と腰周りを引き締めたいのなら使うことをおすすめします。

 

太ももや下半身に対しても引き締め効果があるので、体型戻しを早く成功させたければ使うにこしたことはありませんよね!

ただ、長時間の着けすぎには十分気をつけましょう

まとめ

妊娠から産後にかけて体型だけではなく、体の内側の状態も産後の体型戻しに大きく変わることはよく分かりましたよね?

産後の骨盤ケアや運動、食事、睡眠と体型戻しに大きく影響することばかりです。

 

そして、出産後に体型が戻らない原因がしっかり分かることで、産後の体型戻しがうまくいく方法が考えられますね!

出産後の体型戻しでうまくいくための7つの方法でお伝えしたことは、産後の生活の中に取り入れることで体型戻しはスムーズに成功することでしょう。

一つひとつ取り入れることも大事なことですが、どうせやるなら一気に取り入れて、体型が戻りやすい環境に整えてあげてくださいね。

    -産後のお腹

    © 2021 「産後」 悩み解決.com Powered by AFFINGER5