産後のお腹 産後の体重

産後1ヶ月で痩せない人の特徴は?体重の落とし方で体型戻しは成功する!母乳が1番痩せる時期

「出産後1ヶ月たったけど痩せない!」と焦る産後ママはとても多くいます。反対に、出産後すぐに痩せるママもいますよね!なぜ産後すぐ痩せれる人と痩せれない人がいるのか?

産後1ヶ月で痩せない人にはいくつかの特徴があるのです!

 

しかし、ここで一番大事なことを。「産後1ヶ月で痩せる必要は全くありません!」

痩せるのに理想的な期間は産後2ヶ月から3ヶ月以降とおもってください。

 

産後1ヶ月で痩せる人は、妊娠前から筋トレなどでしっかり筋肉を鍛え、食事から自分の体を徹底的に管理してきている人です。

産後1ヶ月で痩せる人の特徴や痩せにくい人の特徴を交えながら、授乳と体重のことについてお伝えしていきます。

痩せれる環境と体の状態をつくり産後ダイエットを成功させましょう!

⇒⇒⇒ 産後の体型戻しはいつから?骨盤&体重をスムーズに戻すおすすめダイエット!

出産後1ヶ月で痩せる人の2つの特徴

出産から1ヶ月しかたっていないのに、ぽっこりお腹がへこんでいたりと、体重も痩せている人がいますよね?

産後1ヶ月で痩せる人にはある特徴があります。それらの特徴を一つひとつ見ていきましょう。

その特徴が分かることで、産後1ヶ月で痩せない自分との違いが分かることでしょう。

 

妊娠前からよく体を動かしている人

出産後すぐに体重が減ったり痩せる人は、妊娠前から筋トレをして筋肉を鍛えたり、よく体を動かしていた人がほとんどです。

中でもピラティスやヨガをしている人は、体幹が鍛えられているため、産後に体型が大きく崩れないことが一番の要因でもあります。

 

体幹がしっかり備わっていると、産後に崩れやすい姿勢の予防にもつながり、反対に姿勢が崩れてしまうことで、体に負担がかかりストレスへとつながることに。

ストレスを解消するために食べることには走ってしまう人がほとんどなのです。

そして、産後に体型が大きく崩れてしまうと、体型を戻すのに時間がかかってしまい、体重も思うように減らず痩せない結果に。

 

妊娠前・妊娠中から体重管理をしてきた人

妊娠前や妊娠中から食事に気を付け、体重管理をしてきた人は産後に食べすぎてしまうことも少なく、体重が戻りやすく痩せやすい傾向にあります。

普段から体重を意識してきた人としてない人では、産後に食事管理にも影響することは分かりますよね?

 

特に産後はホルモンバランスが崩れ、慣れない育児でストレスがたまりがちになってしまうので、今までの習慣や意識が大きく関わってくるのです。

普段からの意識や習慣が産後の体重や痩せないといったことにもつながるということを覚えておきましょう!

産後1ヶ月で痩せない人の特徴

産後1ヶ月で痩せやすい人の特徴は分かったことと思いますが、痩せない人にも特徴がありちゃんと原因があるのです。

原因が分からなければ何も対策することができないので、まず痩せない原因を見ていきましょう! 

 

妊娠中の体重の増えすぎ

産後1ヶ月で痩せない人は、妊娠中に体重が増えすぎている特徴があります!

「妊娠中は何キロぐらい体重が増えましたか?」

 

産後にすぐ痩せやすい人は、妊娠中に体重を増やしすぎないように体重コントロールをしていることがほとんど。

当然体重が増えすぎていない分、元に戻りやすく痩せやすくもなりますよね?妊娠中の体重への意識が産後の痩せやすさに大きく影響するのです。

 

母乳をあげているという安心

「母乳をあげていれば自然に痩せる!」、確かに母乳によるカロリーの消費量は約500キロカロリーにもなるので痩せやすい環境ではあります。

しかし、母乳によりエネルギーを消費することでお腹が空きやすくなり、ついつい食べ過ぎてしまう人も多いのです。

 

摂取カロリーが消費カロリーより少ないことで、体重は減り痩せるということを今一度忘れないようにしましょう!

母乳をあげているから自然に痩せるという考えは捨て、母乳をあげているからこそ食事による食べすぎに気をつけなければなりません。

 

子宮の収縮が遅い

妊娠中から産後にかけて、大きく膨らむお腹の一番の原因は子宮にあります。

赤ちゃんの成長とともに大きくなる子宮ですが、出産後から約6週間の時間をかけてゆっくりと元の大きさに戻っていきます。

 

しかし、子宮の収縮が遅い人がとても多いのです。寝不足や栄養不足により、ホルモンバランスの状態が良くないと子宮の戻りが遅くなり、お腹もへこまず痩せにくい状態に。

産後1ヶ月で痩せない人は子宮の収縮、戻りが悪い特徴があるということを覚えておきましょう!

 

筋肉量の減少による基礎代謝の低下

妊娠中は筋肉を動かすことが少なくなるため筋肉量は減少します。

筋肉量が減少することで基礎代謝が低下し、食べても燃焼しにくい体の状態に。

 

しかし、産後はホルモンバランスが崩れている影響でストレスがかかりやすく、ストレスが原因で食べ過ぎてしまいます。

基礎代謝が低下している状態で食べ過ぎることで、ますます痩せれない状況がつくられるのです!

妊娠前・妊娠中から筋肉を鍛えてこなかった人が、産後1ヶ月で痩せない人の特徴の一つになります。

 

産後に大きく骨盤が崩れる

産後1ヶ月たってもなかなか痩せない人は、出産後大きく骨盤が崩れない人がほとんど。

骨盤が大きく崩れない理由は、妊娠前・妊娠中から骨盤周辺の筋肉をしっかり鍛えていたか、普段から正しい姿勢を保つことを意識している人!

 

妊娠後期から出産の準備に向けて産道を広げるために、リラキシンという女性ホルモンが分泌され、骨盤周辺の筋肉と関節、じん帯がゆるみ、産後は骨盤が崩れやすい状態になるのです。

なので、産後の骨盤へのケアがとても重要になり、筋肉を鍛えていなかった人は産後ベルトでちゃんと骨盤が崩れないようにサポートし、骨盤が崩れないように痩せやすい状態をつくっています。

⇒⇒⇒ 産後のぽっこりお腹を早く!綺麗に戻したい産後ママ必見!【120%成功する秘訣】

帝王切開後は痩せない?

帝王切開だからといって痩せないということはありません。しかい切開による傷口を修復しないといけないため、普通分娩の人に比べ、ケアの意識を高める必要はあります。

傷口周辺は乾燥しやすい状態になっているので、保湿クリームによる肌への保湿も欠かせません。そして、傷口に刺激が入らないように、保護テープで傷口を守ることが肝心です。

しっかり水分をとって内側からの保湿も心がけることで、痩せやすい状態にすることができるので、ケアをしっかりするようにしましょう!

産後に体重を減らすなら授乳をすべき?【母乳と体重】

母乳によるカロリー消費の大きさが分かると、授乳をしないわけにはいきませんよね!授乳はカロリー消費だけでなく、赤ちゃんに必要な栄養を与える重要な役割りもあることを忘れてはいけません。

とはいえ、体重を落とすにはカロリーを消費することですが、出産により崩れている体のバランスを整えることの方が優先です。

 

授乳をすることでぽっこりお腹が一番の原因となる子宮が、授乳により小さくなり元の大きさに戻るので、体型戻しにおいても欠かせないものだということを忘れずに。

授乳は痩せることに大きく関係することを頭に入れ、母乳の質を高めるために食事内容も考えることが大切になります。

産後の体重の落とし方1ヶ月!ダイエットの秘訣!

産後1ヶ月に痩せやすい環境や状態にすることで、今後の体型戻しに大きく影響し、産後ダイエットの成功へとつながります。

そして、産後の体型戻しで大切なことがいくつかあるのです。大切なことを意識して産後の体型戻しは成功するので、一つひとつ見ていきましょう!

 

間食はできるだけ避ける

出産後になかなか痩せない人は間食がとにかく多く、カロリー摂取量が多いのです。

間食を避けることによって一日のカロリー摂取量を抑えることができ、痩せやすい状態にすることができます!

 

しかし、家の中にお菓子などの甘いもの、カロリーが高いものが置いてあると、よほど意識が高い人でもあるとついつい食べしまうもの。なので家の中に置かないこと、買わないことが大事です!

間食は食べ物があることで食べてしまうので、買わないことが大事ですが、食べるとしたらはちみつなど体にいいもの、食べるものを体にいいものに変えること工夫も一つ。

 

サプリをとり食事のバランスを考える

産後はホルモンバランスやストレスの影響で食べ過ぎてしまうことがほとんど。食べ過ぎは痩せないことにつながることは知っていますよね?

ストレスを解消するためにストレッチや運動をすることも大切ですが、栄養をしっかりとりバランスのいい食事をすることも忘れていけません。

 

栄養価のあるサプリをとっていれば食欲を抑えることができたり、不足している栄養をとれるので痩せやすい状態をつくることができます。

出産後は特にカルシウムやたんぱく質が不足しているので、その2つを意識してサプリを選ぶようにしたり、食事をとるようにしましょう!

たんぱく質は食欲を抑える効果もあるので参考に。おすすめの産後痩せサプリはこちら⇒⇒⇒ 『産後お腹痩せサプリ3選』お腹のたるみを引き締めてぽっこりお腹を撃退せよ!

 

子宮が収縮しやすい環境を整える

出産後のお腹や体が痩せない一番の原因である子宮がちゃんと収縮しないことには、産後1ヶ月で痩せることは難しいこと。

そして、子宮が元に戻りやすい環境にするにはホルモンバランスを整えることが肝心。

ホルモンバランスを整えるには十分な睡眠と栄養が必要であり、規則正しい生活が子宮の収縮の戻りを決めるのです。

 

骨盤がゆがまないように骨盤矯正

妊娠前から骨盤周辺の筋肉や関節がゆるんでしまうことにより、産後は骨盤がゆがみやすくなり体型にも影響します。

骨盤がゆがむとお腹が出るように見えてしまったり、体の土台となる骨盤がずれていると体の血流が悪くなるので代謝が落ちて痩せにくくなる状態に。

 

産後はゆるんだ骨盤を骨盤ベルトを巻いて固定することが、産後の体を痩せやすい状態にする大事なポイント!

骨盤が正しい位置に整うことで姿勢も良くなり基礎代謝も上がります。姿勢が悪いと血流状態が悪くなり、特にお腹周りが痩せにくくなるので気をつけましょう。

あと、骨盤ベルトの締めすぎ、長時間つけることには注意し、体を動かすときや姿勢が崩れやすい体勢のときにつけることが大切です。おすすめの産後骨盤ケアアイテムはこれ⇒⇒⇒ Dr.亜矢子おすすめ!産後の体型戻しのための『骨盤ケアグッズ3選』

 

水分をしっかりとって代謝を上げる

産後は妊娠中の運動不足による筋肉量の減少による基礎代謝が大きく減少しています。出産後はその基礎代謝を上げることが痩せることにつながるので、そのためには筋肉量を増やすことも大事なことですが、水分をしっかりとることも重要なこと。

体の半分以上は水分でできているわけですから、水分が十分にあると筋肉を元の状態に戻りやすく、柔軟になることで血液循環が良くなります!

特に寝ているときに体内から多くの水分が出ていっているので、起床時にお水を意識してとるようにしましょう。

まとめ

産後1ヶ月で痩せない人は、どうして自分が痩せない状態にあるのかということが分かりましたでしょうか?原因が分かることで痩せない状態から、痩せやすい状態に変えることができますね!

特に出産直後は、子宮の収縮のためにホルモンバランスを整えることを心がけること。そのためには授乳をしたり、栄養をしっかりとるなどする工夫が肝心です。体のためにサプリもとった方が絶対にいいです。

出産直後は崩れやすい骨盤のケアも忘れないようにし、焦らず一つひとつ産後の生活習慣に取り入れていくことが大切なこと。産後の体型戻しはゆっくりとできることから始めてくださいね!

    -産後のお腹, 産後の体重

    © 2021 「産後」 悩み解決.com Powered by AFFINGER5